2015年02月08日

映画『はじまりのうた』



恋人ベイブ(アダム・レヴィーン)に捨てられ失意の底にあったアマチュアシンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレー)は、ニューヨークの小さなライブハウスで友達にステージに引っ張りあげられ自作の歌を披露する。そこに居合わせた、長いスランプ中の音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)は、彼女の歌に惚れ込み、ニューヨークの街中各所で録音するという奇策のアルバム制作を申し出る…。そして、音楽活動を通じて、グレタもダンも、それぞれの人生を見直し、前に進んでいくきっかけを得ていく。

BGMとしてだけでなく演奏場面も多数あって、音楽の喜びにあふれる作品。本職のアダム・レヴィーン(マルーン5のボーカリストで今作で映画初出演)の歌が良いのはいうまでもないが、キーラ・ナイトレーの歌も上手とはいえないが心に入り込んでくる魅力がある。音楽が好きな人なら楽しめること間違いなしの音楽映画。
posted by kunio at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月08日

耳かき

KIMG0410.JPG

耳かきをしてもらった。してくれたのは女性だが、膝枕はナシ。なぜならば、そこは耳鼻咽喉科だからである。じつは数年前から、左の耳の中で、ときどきガサゴソという音のすることがあった。たぶん、耳アカのかたまりがあるんだろうなと思いながら、放置していた。いや放置じゃないな。粘着性のある耳かきやら、先端がドリル状になった耳かきやらを試して、除去を試みたことはあるのだが、解決に至らず。それで思い切って病院に行ってみたしだい。

病院では、椅子に座った状態で耳に漏斗状のものを差し込み、たぶんピンセットのようなものを使って耳アカを取ってくれ、さらに掃除機的なもので細かいのを吸い取ってもらった。そのあと消毒。

あのガサゴソという音の感じからすると、巨大なものが取れたんじゃないかという気もしたのだが、女医さんが見せてくれた「収穫物」は、5ミリほどのものだった。大きいといえば大きいんだろうけども。

耳掃除のあと、念のため聴力(お医者さんは「聞こえ方」とわかりやすく言っていたな)の検査も行った。写真は、その検査結果である。2本の折れ線グラフが描画されているのがわかるだろうか。○と実線のほうは右耳で、×と点線のほうは左耳。縦軸は聞こえる音量(単位はデシベル)で、横軸は音の周波数(単位はヘルツ)。10〜30デシベルの範囲なら正常。両耳とも正常の範囲で嬉しかったのだが、左耳は2000ヘルツを超える高音域では少し聴力が落ちていることも判明した。

以上、耳鼻咽喉科での耳かき体験でした。
posted by kunio at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月26日

スマホ修理の顛末

昨年からDIGNO DUALというスマホを使っていたのだが、先ごろOSのメジャーアップグレードがあり(Android 2.3からAndroid 4.1へ)、実施したところ、「android.process.acoreが予期せず停止しました」というエラーがひっきりなしに表示され、電話もかけられない状態になってしまった。このエラーは各種アンドロイド端末で発生するようで、ネットにもいろいろなケースの報告が見られるのだが、端末の初期化を行っても解決せず、やむなく修理に出した。10日ほどでスマホは戻ってきたのだが(その間、代わりの端末、といってもスマホではなくてガラケーといっていいのかどうか、要するにPHSを代理店から借りていた)、修理内容は「基盤交換」となっていた。基盤交換が必要? もしかしたら、ROMを交換したとかってことだろうか。

戻ってきたスマホはAndroid 2.3になっていた。これは事前に案内されていたことなので良いのだが、問題は改めてメジャーアップグレードを実施するかどうか。アップグレードは自己責任ということになっているのだ。これでまたエラー頻発の状態になっても、文句は言えない。でもまあ、やっちゃうよね。戻ってきたその日の夜に、再びメジャーアップグレードを実施してみたのだった。

結果はどうだったかというと、やはり同じエラーが出た。前回ほどの頻度ではないものの、しばしばエラーが表示される。「また修理か〜」と思ったものの、製品の公式サイトに掲載されているトラブル対策にしたがって、電池を入れ直し、端末の初期化も実施したところ、エラーはぱったりとなくなった!

ちなみに、アドレス帳のデータなどは、削除されてしまっているが、GmailのアカウントをスマホのGmailアプリに登録すると、Google側に保存されているデータとの同期がすぐに実施され、スマホの電話帳にもデータがコピーされる。これは便利。

さて、この顛末からどのような教訓が得られるだろうか。スマホにせよPCにせよ、OSアップグレードのような大きい変更を伴う処理の際には、事前にデータのバックアップ・復旧の手立てを考えておくこと、というのは言えるかな。とくに困っていることがないなら軽々しくアップグレードすべきではない、という考えもできるだろう。

あと、教訓ではないのだが、もはや社会のインフラの一端を担う存在となったといってよいスマホが、このように簡単に不具合が生じるようなものであってよいのだろうかという気もする。とはいえ、より安全確実な装置にするには、もっと進歩を遅らせる必要があろうだろうから、これは便利さと安全さのどっちを取るか、という問題になってくるかな。
posted by kunio at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月07日

彼ハ何モ知ラヌノデス

「図書」4月号に梯久美子氏が管野すがの手紙を紹介する記事を書いていて、印象深い。約百年前、大逆事件で獄中にあるとき、紙に針で穴を開けてPCのドット文字のように書いたものだという。内容は以下のとおり。

京橋区瀧山町
 朝日新聞社
 杉村縦横様
   管野須賀子

爆弾事件ニテ私外三名
近日死刑ノ宣告ヲ受ク
ベシ御精探ヲ乞フ
尚幸徳ノ為メニ弁ゴ士
ノ御世話ヲ切ニ願フ
 六月九日
彼ハ何モ知ラヌノデス


幸徳とあるのは、彼女の恋人であり、企てとは無関係であったのにも関わらず事件の首謀者として拘束されていた幸徳秋水のことだ。みずから獄中にあって死刑を覚悟している者が、恋人を救おうとするこの気持ちの働きは「愛」と呼んで差し支えあるまい。
posted by kunio at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月16日

「ゲキる」

音楽仲間が「ゲキる」という言葉を使っていた。「友達の子がケータイがぜんぜんつながらないってゲキってて〜」云々。文脈からすると、「激怒している」ということなんだと思う。

「激怒する」の途中の文字を略して「激(げき)る」ということか。

言葉は生きている。
posted by kunio at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月16日

ライブのご案内:11月24日サムズアップ

僕が参加している音楽サークル「MC横浜」のライブが、来週の24日と迫りました。「よかったら遊びにきてください。

●会場
サムズアップ
横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル3F
045-314-8705
http://stovesyokohama.com/index.html

●時間
11:00 開場
11:30 第1部開演
13:45 第2部開演
15:30 終演

●料金
1000円(1ドリンク、軽食付き)

セットリストです。*は僕が参加する曲。9番、13番の2曲では歌も歌わせてもらいます…。

♪第1部(11:30〜13:35)
1 ロケットにのって(少年ナイフ)
2 スモーク・オン・ザ・ウォーター(ディープパープル)
3 アンジェリーナ(佐野元春)*
4 サムデイ(佐野元春)*
5 ずっと好きだった(斉藤和義)
6 ビーナス(ショッキングブルー)
7 クロース・トゥ・ユー(カーペンターズ)
8 見つめていたい(ポリス)*
9 ホワイト・ルーム(クリーム)*
10 ラスト・シーン(矢沢永吉)
11 エピリ・マイ(ハワイアン)
12 プア・オレナ(ハワイアン)
13 ワンダフル・トゥナイト(E・クラプトン)*
14 リカルド・ボサ(ボサノバ)
15 ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン?(ジャズ)
16 キャン・ア・グッド・シング・ラスト・フォーエヴァ?(ジャズ)
17 素顔のままで(B・ジョエル)*
18 さよならをもう一度(尾崎紀世彦)*
19 ウォン・ビー・ロング(バブルガムブラザーズ)*

♪第2部(13:45〜15:30)
20 ハーダー・トゥ・ブリーズ(マルーン5)*
21 ディス・ラブ(マルーン5)*
22 カサブランカ(B・ヒギンズ)
23 マイ・ウェイ(F・シナトラ)
24 街が泣いてた(伊丹哲也)*
25 声がなくなるまで(ジュンスカ)*
26 枯葉(ジャズ)
27 ホテル・カリフォルニア(イーグルス)*
28 ナイト・バーズ(シャカタク)*
29 トワイライト・イン・アッパー・ウェスト(T-スクェア)*
30 真夜中のドア(松原みき)
31 ライド・オン・タイム(山下達郎)*
32 横浜トワイライトタイム(角松敏生)*
33 君の瞳に恋してる(ボーイズタウンギャング)*
panflet_4.jpg
posted by kunio at 10:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月30日

スマホの思わぬ落とし穴

年1回のバリウム検査を受けてきた。案内どおり、前日の午後9時以降は何も食べず、今朝は飲み物さえ飲まず、会場に行った。で、待ち時間にスマホをいじろうとしたのだが、どうもうまくいかない。タップ、フリックといった操作をおこなっても反応しないのだ。

おそらく、前夜から水分を控えていたために、皮膚が乾燥して電気が流れにくくなっていたのだろう。しかも、起きてから2時間も経っていないので、まだ体が目覚めきっていないというのも影響したのかもしれない。30分ほど経過したら、スマホも反応するようになってきたのだった。

スマホにこんな弱点があったとは思いもよらなかった。いざとなったら、つばで指を湿らせるか。
posted by kunio at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月13日

赤川次郎氏に共感

『図書』2012年7月号の赤川次郎氏の文章が印象深かった。2か所、紹介したい。

氏は、最近ベートーヴェンをよく聴くという話に続けて、あるコンサートで目撃した光景について述べる。

---
 「格差」を肯定し、労働者を使い捨てできる社会を作りながら、見た目のイメージで高い人気を誇った小泉純一郎首相。クラシックファンを自称していた小泉氏と、私はしばしば同じコンサートに行くことがあって、場内に起こる拍手に笑顔で応じるその姿にうんざりしていた。
 だが、あるとき、客席にいつものように意気揚々と入って来た小泉氏を見て、やれやれと思っていると、場内から拍手の代わりに激しいブーイングが起こったのである。瞬間、小泉氏の顔はこわばって、そのまま席についた。
 そのとき、私は「この国も捨てたもんじゃない」と思った。こういう意志表示をする人がいることは新鮮な驚きでもあった。
---

意志表示といえば、毎週金曜日に首相官邸前で行われている反原発の抗議集会。万単位の人数が集まるようになったこの集会も、参加者の構成、規模において、日本での意志表示の新しい姿といってもよいのではないだろうか。

もう一つ。赤川氏の文章から。

---
 ともあれ、経済界の意を体して首相になった野田さんは、最初の国会質疑で、訊かれてもいないことまで答弁した(官僚の作文をそのまま読んだ)ほどいい加減だったのに、今、消費税増税には「政治生命をかける」ほど熱心である。
 俳優の山本太郎さんが「役者生命をかけて」、原発反対を訴えているのと比べ、その「生命」の軽さはどうだろう。
 今も放射性物質を出し続け、原子炉に近付くこともできず、4号機の危険が指摘されているというのに、早々と「事故の収束宣言」を出したとき、世界は唖然としたのではないか。私は、平然とこういう発言をする首相を持ったことに赤面した。
---

これもまた、意思表示だろう。一人の作家として。

首相官邸前の集会には僕も二度ほど参加した。道を埋め尽くす群衆の抗議を無視して、政権は大飯原発を再稼働させた。国民はこの「借り」をきっと選挙で返すだろう。無力感を覚えないではないが、諦めてしまえばそこで終わる。それぞれが自分のやりかたで意思表示を続けていけば、世の中は変わっていくものだと思う。
posted by kunio at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月14日

グーグルマップで見る東北

グーグルマップで「37.421261,141.032851」を検索し、右上の「航空写真」ボタンをクリックして航空写真モードに切り替えると、福島第一原発の航空写真が表示される。ズームしていくと、爆発で半壊した建屋のようすがわかる。

そのまま航空写真のモードで沿岸部を北上していくと、津波で荒々しく削り取られてしまった街、港湾施設、畑などのあとが見て取れる。

陸前高田まで北上する(38.995248,141.681699)。ガレキが沿岸を埋め尽くしてる様に言葉を失う。

こうして沿岸部を見ていくと、じつに幅広いエリアで震災と津波の被害があったことがわかる。多くの命と生活の場の失われた年だったということが。
posted by kunio at 01:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月13日

ホットスポット

東京や神奈川でも放射線量の高い場所、いわゆるホットスポットが見つかった。細かく調べていけば、もっとたくさんホットスポットは存在するのだろう。文科省が発表している放射線量等分布マップにしても、要はとても目の粗い網のようなもので、網にかからないポイントは無数にあるわけだから。東京、神奈川の住民も、被爆問題は他人事ではないと考えるべきなのだろう。
posted by kunio at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月10日

福島原発労働者の実態



ドイツのテレビ局が福島原発事故の処理にあたる労働者たちの実態を報じている。構内のホットスポットの場所も知らされず、報道関係者との接触も契約で禁じられ、震災と原発事故で職を失いやむを得ず一日1万円の報酬で危険な原発事故現場で働く労働者たち。1時間1000円の「危険手当」を受けるには、将来発病しても訴訟を起こさないという誓約を求められるという。そして、下請け企業の契約については関知しないと述べる東電の担当者。

日本のではなく、ドイツのテレビ局がこれを報じていることを、日本のテレビ局は恥ずかしく思うべきだろう。
posted by kunio at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月08日

Date(デート)

『ザ・コンプリート カイリー』にしばしば date という言葉が出てくる。日本語でいうと「デートする」なのだが、調べてみると、たんに「デートする」というだけでなく、「付き合う・交際する」という意味もあるらしい。

たとえば、イギリスで2007年に放映された「カイリーショー」というスペシャル番組の紹介が本書にあるのだが、それによると、番組内のコミカルなスキットで、自分のことを思い出してくれない元彼のジェイソン・ドノバンにカイリーが次のように訴える場面がある。"Most to the point we actually dated for a few years so you must remember!"(もっと大事なことだけど、私たちは実際に2、3年付き合ったんだから、私のこと覚えているはずよ!)

"dated for a few years"が、「2、3年デートした」ではおかしいので、これはやはり「2、3年付き合った(交際した)」ということになるだろう。日本語の「デート」と同じような意味で使われる場合もあるのだが、「交際する」という意味で使われることもあるのだ。

ちなみに、上記の場面は、下記の映像の5:45あたりから見ることができる。これは、実際の元彼(ジェイソン・ドノバン)と共演して自分を笑い飛ばすコントになっていて、何度見ても笑える(英語がよくわからなくても)。
posted by kunio at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月29日

2011年09月28日のつぶやき

Kunio_I / 伊藤國士
鉢呂経産相を辞任に追い込んだメディアのおかしさ‐柴田鉄治‐マガジン9 #maga9 http://t.co/Cp2wC0K7 at 09/28 23:29
posted by kunio at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月27日

2011年09月26日のつぶやき

Kunio_I / 伊藤國士
@videobird パソコンの再起動で解決しませんでしょうか。 at 09/26 09:55
posted by kunio at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月23日

2011年09月22日のつぶやき

Kunio_I / 伊藤國士
東電の賠償請求のための説明書が不評。ユーザー視点の欠如か。

東電賠償請求書類は「いやがらせ」? 専門用語だらけマニュアル156ページ : J-CASTニュース http://t.co/C6Qf8YBM via @jcast_news
 at 09/22 10:14
posted by kunio at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月22日

2011年09月21日のつぶやき

Kunio_I / 伊藤國士
みずほに同感。

時事ドットコム:首相は原発再稼働ありき=社民党首 http://t.co/DZDotPhM
 at 09/21 11:36
posted by kunio at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月20日

さようなら原発集会



大江さんらが呼びかけ人となっているこの集会とデモに参加してきた。原発に反対している人間が大勢いるということを世間と政治家たちに少しでも示すことができたら、という気持ちからだ。

行ってみると会場の明治公園は立錐の余地のないほどで、公園から千駄ヶ谷駅まで、公園に入りきれない人で埋まったらしい。演説が行われている間にも、あちこちで鳴り物やシュプレヒコールが始まるという混沌とした状況になっていた。デモ行進が始まっても、なかなか前に進まず、前のほうがいったいどうなっているのかさっぱりわからなかった。先頭を大江さんたちが歩いたということは、あとでメディアの報道を通じて知ったしだい。ともあれ、大江さんと同じデモを歩くことができたわけだ。
posted by kunio at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月15日

2011年09月14日のつぶやき

Kunio_I / 伊藤國士
被災が過去のことになりつつ地域もあれば、現在もまだその中にある地域もあるのだな。

「津波」と「原発」のダブルパンチ 哀しき常磐線の明日 http://t.co/Gf4xEGg
 at 09/14 11:06
posted by kunio at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月09日

2011年09月08日のつぶやき

Kunio_I / 伊藤國士
「大江健三郎さんら脱原発の立場表明」 News i - TBSの動画ニュースサイト

http://t.co/jpSICPZ
 at 09/08 11:27

Kunio_I / 伊藤國士
大江健三郎さんらが脱原発アピール(日テレ)

http://t.co/sVXEG4K
 at 09/08 11:23
posted by kunio at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月08日

2011年09月07日のつぶやき

Kunio_I / 伊藤國士
『3.11 ユニセフ東日本大震災報告写真展』開催|日本ユニセフ協会|お知らせ http://t.co/eb56S6s via @UNICEFinJapan at 09/07 11:40
posted by kunio at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記