2014年01月13日

映画『キャット・ウーマン』



化粧品メーカーの秘密を知ったために殺されてしまう女性デザイナー(ハル・ベリー)が、猫の秘密の力によって、猫のような身体能力を持つキャット・ウーマンとしてよみがえり、化粧品メーカーの悪玉と戦い悪行を阻止する、という話。

ハル・ベリーが、猫っぽさをセクシーかつキュートに演じていて、とても楽しい。彼女はこの映画でラジー賞の最低主演女優賞を贈られているのだが、いやいや、僕はいい演技だったと思うし、映画としてもなかなかよかったと思うぞ。
posted by kunio at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85197961
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック