2013年04月26日

スマホ修理の顛末

昨年からDIGNO DUALというスマホを使っていたのだが、先ごろOSのメジャーアップグレードがあり(Android 2.3からAndroid 4.1へ)、実施したところ、「android.process.acoreが予期せず停止しました」というエラーがひっきりなしに表示され、電話もかけられない状態になってしまった。このエラーは各種アンドロイド端末で発生するようで、ネットにもいろいろなケースの報告が見られるのだが、端末の初期化を行っても解決せず、やむなく修理に出した。10日ほどでスマホは戻ってきたのだが(その間、代わりの端末、といってもスマホではなくてガラケーといっていいのかどうか、要するにPHSを代理店から借りていた)、修理内容は「基盤交換」となっていた。基盤交換が必要? もしかしたら、ROMを交換したとかってことだろうか。

戻ってきたスマホはAndroid 2.3になっていた。これは事前に案内されていたことなので良いのだが、問題は改めてメジャーアップグレードを実施するかどうか。アップグレードは自己責任ということになっているのだ。これでまたエラー頻発の状態になっても、文句は言えない。でもまあ、やっちゃうよね。戻ってきたその日の夜に、再びメジャーアップグレードを実施してみたのだった。

結果はどうだったかというと、やはり同じエラーが出た。前回ほどの頻度ではないものの、しばしばエラーが表示される。「また修理か〜」と思ったものの、製品の公式サイトに掲載されているトラブル対策にしたがって、電池を入れ直し、端末の初期化も実施したところ、エラーはぱったりとなくなった!

ちなみに、アドレス帳のデータなどは、削除されてしまっているが、GmailのアカウントをスマホのGmailアプリに登録すると、Google側に保存されているデータとの同期がすぐに実施され、スマホの電話帳にもデータがコピーされる。これは便利。

さて、この顛末からどのような教訓が得られるだろうか。スマホにせよPCにせよ、OSアップグレードのような大きい変更を伴う処理の際には、事前にデータのバックアップ・復旧の手立てを考えておくこと、というのは言えるかな。とくに困っていることがないなら軽々しくアップグレードすべきではない、という考えもできるだろう。

あと、教訓ではないのだが、もはや社会のインフラの一端を担う存在となったといってよいスマホが、このように簡単に不具合が生じるようなものであってよいのだろうかという気もする。とはいえ、より安全確実な装置にするには、もっと進歩を遅らせる必要があろうだろうから、これは便利さと安全さのどっちを取るか、という問題になってくるかな。
posted by kunio at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>電池を入れ直し、端末の初期化も実施

私も「android.process.acoreが予期せず停止しました」状態に陥ったことがあります。私の場合はSkypeで盆踊りの様子をビデオ撮影(笑)していた時に、Skypeが落ちてそうなりました。

携帯は持ち運ばれるものなだけに、振動による負担が大きくかかるので、やはり故障しがちですよね。
Posted by スマホ修理 at 2013年08月30日 15:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65692004
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック