2013年03月26日

『火山のふもとで』松家仁之著、新潮社

雑誌「考える人」「芸術新潮」の元編集長が新潮社退社後に発表した作品。小説を読むのはいいものだとしみじみ思わされた。

内容は、都内の設計事務所が夏場の事務所として使っている「夏の家」と呼ばれる軽井沢の別荘での日々を、入所したばかりの若者の視点で描いたもの。所長である老建築家、それを支えるベテラン、中堅、同世代の女性所員といったメンバーのなかで、しだいになじんでいく主人公に感情移入して、ひと夏を軽井沢で過ごしたような気分になれる。女性所員と恋をした気分になれる。建築の世界に足を踏み入れた気分になれる。まあ小説っていうのは、そういうものだよな。

この事務所は、規模こそ小さいが、所長はワールドクラスの建築家で、スタッフたちも優秀。それぞれが独自の建築哲学を持っており、それがちょっとした一言にも現れる。そのあたりの描写がじつに素晴らしく、(本当の建築家がどういうものかは知らないけれども)説得力があって、建築の世界を覗きこむ面白さがある。それぞれの自家用車がボルボだのベンツだのルノーだの、と外車ばかりで、出てくる食事もなじみのないカタカナ食材カタカナ料理。でも、それが別段嫌味な感じがしないのは、世界のなかで仕事をする一流の建築家やその周辺の人々の描写にリアリティがあるからだろうか。

小説のおもな部分は80年代初期のひと夏に焦点を当てているのだが、挿入されるエピソードによって老建築家の生涯全体を振り返る要素もあり、また主人公の「その後」も描かれており、人の生涯すなわち、どのように仕事をするか、どのように人と愛し合うか、どのように生きるか、といったことも考えさせられる。これもまた、良い小説が必ず投げかけてくる問いかもしれないな。
posted by kunio at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・文学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64076972
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック