2015年02月08日

映画『はじまりのうた』



恋人ベイブ(アダム・レヴィーン)に捨てられ失意の底にあったアマチュアシンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレー)は、ニューヨークの小さなライブハウスで友達にステージに引っ張りあげられ自作の歌を披露する。そこに居合わせた、長いスランプ中の音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)は、彼女の歌に惚れ込み、ニューヨークの街中各所で録音するという奇策のアルバム制作を申し出る…。そして、音楽活動を通じて、グレタもダンも、それぞれの人生を見直し、前に進んでいくきっかけを得ていく。

BGMとしてだけでなく演奏場面も多数あって、音楽の喜びにあふれる作品。本職のアダム・レヴィーン(マルーン5のボーカリストで今作で映画初出演)の歌が良いのはいうまでもないが、キーラ・ナイトレーの歌も上手とはいえないが心に入り込んでくる魅力がある。音楽が好きな人なら楽しめること間違いなしの音楽映画。
posted by kunio at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113384531
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック