2015年07月04日

わからないというストレス

先日、小田急線の電車に乗ったところ、直前に事故があったようで、なかなか発車しなかった。間歇的に車内アナウンスが流されるのだが、音量が小さいのと発音が不明瞭なのとで、言っていることがよくわからない。スマホで電鉄会社のホームページを見て、隣駅で事故があったこと、その時点では全線が止まっていることがわかったが、運転再開の予定がわからない。繰り返される車内アナウンスは、何か説明しているのだが、聞き取れない。目の前の女性二人組みも「もっと大きい声で言ってくれればいいのにね」などと話し合っている。

小田急のホームページとかツイッターに連絡することで、この電車の車内アナウンスの音量を上げてもらえないかな、などと考えていたら、ちょっと音量が大きくなって状況がわかった。電車は隣駅までは行くが、そこからは運転再開まで1時間くらいということだった。そういうことならと、隣駅まで移動し、相鉄線経由でなんとか帰宅した。

振り返って思うのは、非常事態におかれたとき、いまどういう状況なのかとか、これからどうなるのかとか、そういうことがわからないと、人は相当ストレスを感じるものなのだということだ。状況がわからないと、自分がどう対応してよいかがわからないからだろう。これは非常にイライラする。電車の再開の見通しくらいならまだしも、これが大きな災害の中だったりしたら、場合によっては強い不安や怒りを覚えたりもするのではないだろうか。その場を取り仕切るべき立場の人間にとって(電車内であれば車掌や駅員)、その場にいる人たちに対して状況や見通しをはっきりと伝えることがとても重要なのだということがわかる。

次元は少し違うけれど、パソコンやスマホを使っていて、いまどういう状況なのかがわからなくなってお手上げになってしまうというのも似たようなことかもしれない(そうなった老父からときどき僕のところに電話がかかってくることがある)。パソコンなどで機能の迷宮に入り込んで「いったいなんなんだよ。どうしろっていうんだよ」などと激高した経験は誰しもあるのではないだろうか。マニュアルを作るなら、そんな怒りをかわないものにしたいものだ。

posted by kunio at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft Office