2015年05月25日

地震速報メール

今日の午後2時半頃に関東を中心に震度3から5弱の地震があった。妻の職場では業務の関係で各社のスマホが多数あるそうで、それらが一斉に緊急地震速報のメールを受信し、その警告音で騒々しいことになったらしい。一般の職場でも、人数が多いところではそんな状況だっただろうか。

僕のスマホは、先月から格安スマホ(イオンスマホ)なので、地震速報の警告音は鳴らなかった。あれはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホじゃないと来ないものなのだな。来ないからといって、さほど困ることはないと思うけど。

posted by kunio at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2015年05月13日

『日本文学全集01 古事記』池澤夏樹訳、河出書房新社

たまには本のことも書こうと思う。
池澤夏樹編集で日本文学全集の刊行が始まっている。その第一巻目『古事記』を読んでみた。池澤自身が現代語に訳したもの。恥ずかしながら古事記を読んだのは初めてのことなので、本書が他の現代語訳などと比べてどうこうというようなことより、「古事記ってこんな内容なのか」という驚きや面白さがあった。一言でいうと、神々による天地創造の時代から歴史時代(聖徳太子あたりまで)に至るまでの天皇の系譜の物語を中心とした神話的物語集なのだが、古代のおおらかさやストレートさにたまげるんだなあ。ちょっとしたことであっさり家族や親戚を殺してしまったり、天皇が旅先で出会う娘を次々に妻にしたり……。
登場する地名が現代の地名につながるものであるのも、親しみを覚える。ほとんどは九州や関西、東海あたりのものだが、少しだけ関東の地名も登場する。ヤマトタケルの話のなかでは、いま僕が住んでいる地域の地名も登場するので、このあたりをもしかしたらヤマトタケルが通ったのかもしれない、などと思うと不思議な感じがする。西日本の方は、身近な地名がバンバン登場するので、もっと楽しめるのではないだろうか。
posted by kunio at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・文学