2012年09月17日

映画『ダークナイト ライジング』

バットマンの新シリーズの最終章。前作『ダークナイト』において、愛する人を失い、ゴッサムシティの平和のために罪をかぶり、失意の底で屋敷に隠棲していたバットマンが、数年の時を経て、新たに現れた敵との闘いのために復活し、キャットウーマンとともに街の存続をかけた決戦に挑む、という話。前作に引き続き、善とは何か、悪とは何かを突き付けてくる内容になっており、テーマとしては重いのだが、苦悩の先に光明が差してくる、といった展開になっている。

もちろん、バットマンシリーズならではの派手なアクションとスペクタクルなシーンも満載で、最後まで飽きさせない娯楽作品になっている。アン・ハサウェイ演じるキャットウーマンもセクシーかつキュート。

ラストは、複数の解釈を許す作りになっていて、それをどう受け止めるかは観客に委ねられている。
posted by kunio at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画